猫は歯磨きが大嫌い!暴れる猫の対処方法とは

猫に歯磨きすることはとても素晴らしいことです。

 

人間と同じように、食事をすると歯に歯垢が付くので、それを数日放置することで歯石になり、さらに放置を続けると歯周病に発展し、それが原因で口臭や心臓病などのリスクを伴うことがあります。

 

ですから、しっかりと歯磨きしてあげることは、少しでも寿命を延ばすことに繋がりますので、とても大切な作業になります。

 

暴れる猫の歯磨き方法

 

ここで紹介している方法は、おやつやデンタルケアでは落ちにくい「歯石」まで進んでいて、歯磨きをしてとらなければならない場合を想定して紹介しています。

 

猫は本気で歯磨きを嫌がります!

 

なので、家庭で歯磨きをしようと思うと、爪でひっかれたり本噛みされるので、飼い主の手や足が傷だらけになる可能性が高いです。

 

私も実践しましたが、本当に大変でした・・・

 

基本的に歯石を取る方法としては病院で、となりますが、病院だと全身麻酔をされる可能性があるので、とても危険なんですよね。

 

命を亡くす子もいれば、不自由が残る可能性だってあります。

 

確率的にはそこまで大きな数字にはなりませんが、手術が必要な病気以外は、極力麻酔は使わない方がいいです。

 

歯ブラシに慣れてもらうことから始める

 

意外と思うかもしれませんが、猫も歯ブラシになれると大人しくしてくれます。

 

どういう風に歯ブラシになれてもらうのかと言うと、歯ブラシにペースト状のエサを付け、時間をかけて慣れてもらう・・・という方法です。

 

猫からするとエサを貰えると思っているので、徐々に歯ブラシに抵抗がなくなってきます。

 

ある程度の日数をかけて慣れてくると、今度は少しずつ歯を磨く動作を追加します。

 

これを繰り返して行うことで、どんどん慣れてくるので暴れなくなり、スムーズに歯を磨くことができます。

 

ただし、子猫のうちに覚えさせておくと非常に楽なので、できれば子猫のうちから教育することをオススメします。